棋書

雑記

指す将でも観る将でもないファン層を何と呼べばよいのかを考えた

指す将でも観る将でもないファン層「見守る将」 世の中の将棋ファンを分類すると……「指す将棋ファン」と「観る将棋ファン」に二分され、それぞれを「指す将」「観る将」などと呼んだりもするが、明らかに存在す...
日々雑感

電子書籍への個人の参入は遅いのか?という話

”実は同人誌は、とてつもなく効率がいい商売なんですよ” というのは、鈴木みそ氏の銭 弐巻からの引用であるが、商業出版のように出版社を通さずに本が出版できるという状況は、個人の執筆者に...
2017.01.01
タイトルとURLをコピーしました