将棋

雑記

指す将でも観る将でもないファン層を何と呼べばよいのかを考えた

指す将でも観る将でもないファン層「見守る将」 世の中の将棋ファンを分類すると……「指す将棋ファン」と「観る将棋ファン」に二分され、それぞれを「指す将」「観る将」などと呼んだりもするが、明らかに存在す...
私的漫画評

『或るアホウの一生』の物語は、次の舞台に進む

そろそろ2巻の発売日だよな、とTwitterを検索していたら、「ヒバナ編集部公式」にネタバレされており、うわ!コミックス派のことも考えてくれよ!と悶絶した発売日前日。 期待通りの面白さだったので...
2017.03.06
日々雑感

ツイート傾向分析(2016年7月~9月)

ツイートしている小ネタへの反応度合を分析して、この3ヶ月にあったことを振り返るコーナーです。(過去記事はここから) 反応の数をランキング形式で、まとめてみた。 第5位 24時間テレビの...
2017.01.01
私的漫画評

将棋漫画「或るアホウの一生」の滑稽で必死な世界

『或るアホウの一生』は、トウテムポール氏による将棋漫画だ。 ちなみに、将棋の監修は橋本崇載八段が担当している。 物語は、三段リーグから始まる。 プロ棋士養成機関である奨励会に...
2017.03.06
私的漫画評

ひらけ駒!は、単なる母子の日常漫画ではない

将棋マンガは数あれど、将棋に取り組む子どもの親の気持ちに焦点を当てたマンガ……というと、「ひらけ駒!」だけなんじゃないだろうか? 将棋という勝負事に取り組む子どもを見守る親の視点……というのが、...
2017.03.06
私的漫画評

将棋ファンなら一度は読むべき将棋マンガ8選

きんどう本に触発されて、自分でブログメディアを立ち上げてみたい……と思ったときに、始めに思いついたのは「将棋マンガのレビューサイト」だったのだけれども、日本の将棋人口と電子書籍を購入する層の比率などを...
2017.03.06
日々雑感

ツイート傾向分析(2016年1月~3月)後編

前回のエントリに引き続き、2016年1月~3月のエンゲージメント数が多かったツイートを振り返ってみる。 ツイート傾向分析(2016年1月~3月)前編 それでは、第5位から順に紹介す...
2017.01.01
ビジネスに効く

「きんどう本」に刺激を受けて、メディアを作ることを考えてみた

きんどう本を読んで受けた刺激をそのまま衝動的にエントリーする第三弾。 とりあえず、今回で、一旦は、打ち止めにするつもりである。 過去の記事は、こちら。 成果の出や...
2017.01.01
日々雑感

電子書籍への個人の参入は遅いのか?という話

”実は同人誌は、とてつもなく効率がいい商売なんですよ” というのは、鈴木みそ氏の銭 弐巻からの引用であるが、商業出版のように出版社を通さずに本が出版できるという状況は、個人の執筆者に...
2017.01.01
日々雑感

知識や能力が役に立たなくなる時代が来ようとしている

引用『自ら学習するコンピュータの素晴らしくも物恐ろしい可能性 - TED.com』 「ジェフリー・ヒントン率いる トロント大のチームが 薬を発見する競技に 優勝した時です これがすごいのは 医薬...
2017.01.01
タイトルとURLをコピーしました