将棋マンガ

私的漫画評

『ひらけ駒!』の菊池宝少年の成長を追う ~初段免状授与前まで~

宝少年のライバル登場! 『ひらけ駒!』の二巻では、宝少年のライバルとも言うべき子どもたちが登場する。特に、花田みずきちゃんは、全編を通して屈指の才能の持ち主だ。その魅力については、別のエントリーでも...
私的漫画評

『ひらけ駒!』の主人公、菊池宝少年の成長を追う~級位者時代②~

振り飛車党には堪らないエピソードも登場 前回に引き続き、『ひらけ駒!』の全話レビューである。宝少年は将棋スクールでは級位者だが、将棋連盟主催の道場では初段になっているという描写もあり、級位者...
2017.06.20
私的漫画評

『ひらけ駒!』の主人公、菊池宝少年の成長を追う~級位者時代①~

リアリティがある将棋少年の物語 今、一番、再開して欲しいマンガは、個人的には、『ひらけ駒!』だ。その魅力については、別記事でも散々述べているわけだが、この『ひらけ駒!』が将棋を指す少年少女の親からの...
私的漫画評

『或るアホウの一生』の物語は、次の舞台に進む

そろそろ2巻の発売日だよな、とTwitterを検索していたら、「ヒバナ編集部公式」にネタバレされており、うわ!コミックス派のことも考えてくれよ!と悶絶した発売日前日。 期待通りの面白さだったので...
2017.03.06
私的漫画評

将棋漫画「或るアホウの一生」の滑稽で必死な世界

『或るアホウの一生』は、トウテムポール氏による将棋漫画だ。 ちなみに、将棋の監修は橋本崇載八段が担当している。 物語は、三段リーグから始まる。 プロ棋士養成機関である奨励会に...
2017.03.06
私的漫画評

ひらけ駒!は、単なる母子の日常漫画ではない

将棋マンガは数あれど、将棋に取り組む子どもの親の気持ちに焦点を当てたマンガ……というと、「ひらけ駒!」だけなんじゃないだろうか? 将棋という勝負事に取り組む子どもを見守る親の視点……というのが、...
2017.03.06
私的漫画評

将棋ファンなら一度は読むべき将棋マンガ8選

きんどう本に触発されて、自分でブログメディアを立ち上げてみたい……と思ったときに、始めに思いついたのは「将棋マンガのレビューサイト」だったのだけれども、日本の将棋人口と電子書籍を購入する層の比率などを...
2017.03.06
タイトルとURLをコピーしました