Twitter Analyticsを使うなら、最初にみるべき項目はこれだ!

この記事の所要時間は約 5 分 です。

きんどう本」を読んだ際に、「”キャッチーでインパクト勝負のものはtwitterに”」「twitterのフォロワー数とブログの読者数を相互にあげていく」というようなことが書いてあったが、やはり、twitterでのツイートにどういった反応があったのかは気になるところだ。

電子書籍やウェブメディアに関わるなら、必読の一冊
何度か読み返して、何らかの形でアクションに繋げたい、という思いが募ったので、衝動的にエントリー。 本日は、「Kindleのまとめサイト...

実は、twitterでは、公式の分析ツール(Tiwtter Analytics)が公開されており、そのツイートを何人の人が見たか、そのツイートにどのような反応があったか、といった情報を確認することができる。

analysis-218857_640

月毎のダッシュボードも用意されており、過去からの時系列での分析も容易である。

どの項目に着目するべきか

確認できる項目のうち、有用なのは、以下の項目だろうか。

項目名 説明
インプレッション数 ユーザーがTwitterでツイートを見た回数
エンゲージメント数 ユーザーがツイートに反応した合計回数。
(ツイートのクリック 、リツイート、返信、フォロー、いいね)
エンゲージメント率 エンゲージメント数をインプレッションの合計数で割って算出する。

ブログとTwitterの相乗効果を狙うのであれば、クリック数やフォロー数も気にしておくべきかもしれないが、一旦、それらの項目は、「エンゲージメント数」に包含されるので、最初に見るべき項目としては、「インプレッション」「エンゲージメント」「エンゲージメント率」の3つだろう。

インプレッション数

どれだけ多くの人の目に触れたか……という意味合いの項目であり、特にリツイートや検索からの露出を考えなければ、インプレッション数については、ほぼアクティブなフォロワー数に依存することになる。フォロワー数が1200前後の自分の場合、平均的なツイートのインプレッションは、150~250の間であり、この数字は、ツイートした時間帯や曜日によっても変動する。

このインプレッション数が増加するのは、主に「誰かにリツイートされた場合」「旬の話題についてツイートした場合」がありそうだ。

通常だと150~250のインプレッションしか得られない私のツイートであっても、そのツイートが誰かにリツイートされるだけで、これが1000~2000か、それ以上のインプレッションを叩き出すことがある。

また、その時の旬の話題について、ツイートした場合は、キーワード検索やトレンドから人の目に触れることがあり、かなりの数のインプレッションを得ることがある。

電車の極端な混雑があった場合などは、皆の行動傾向として、Twitterで情報収集しようとするのか、上記のツイートなどは、びっくりするようなインプレッション数になっていた。

エンゲージメント数

エンゲージメント数については、基本的には、インプレッション数との相関関係があるように見える。

ツイートを見たユーザーの主なアクションとしては、以下の5つがある。

  1. ツイートのクリック
  2. リツイート
  3. 返信
  4. フォロー
  5. いいね

ブログとTwitterの相互での拡大を目指すなら、特に気にしておくべきは、「ツイートのクリック」と「フォロー」だろう。ただ、「リツイート」されることで、”インプレッション数”が上がり、更に”エンゲージメント数”に良い影響をもたらす……といった相乗的に効果があるアクションもあるので、一旦は、エンゲージメントの総数で、そのツイートの影響度合が計れれば、よいのではないか。

フォロワー数の多い有力なTwitterユーザーからの「返信」「いいね」なども、”インプレッション数”の増加に効くと思う。

エンゲージメント率

エンゲージメント数をインプレッション数で除算した指標である。

旬の話題で多く検索されたか?有力なフォロワーにリツイートされたか?……等の運不運に拠らず、そのツイートが反応したくなるものであったか否か……が数字に現れると思う。その点で、ツイートの質を測るのに適している指標だ。

例外として、個別のユーザーに宛てた@付のツイートが続く場合もあるが、相手が返信してくれる限りは、それもエンゲージメントとして計上されるので、インプレッション数が小さい場合には、エンゲージメント率として高く出る場合がある。

定量的に計った上で、その内容については、個別に評価するのが常道だと思う。

まとめ

そのツイートの質を測る場合は、”エンゲージメント率”。

そのツイートの影響度を測る場合は、”インプレッション数”と”エンゲージメント数”。

この3つの数値を押えておくだけで、見えてくるものがあると思うので、是非、Tiwtter Analyticsを使ってみて欲しい。