どんなランチャーも敵わない!最強のソフト起動方法を紹介する

この記事の所要時間は約 3 分 です。

a0001_016740よく「便利なショートカット10選」とか、「Gmailをショートカットで便利に使う」とか、そういう記事が仕事ハック的なテーマで人気だったりするが、これは、結局、マウスで操作するよりもキーボードで操作する方が圧倒的に速い!ということに拠る。

実際、Excelを操作していても、上部のリボン式のメニューから、いちいち選択して……とやっているよりも、よく使う機能については、ショートカットを覚えてしまった方が、圧倒的に仕事のスピードが上がる。

マウス操作の効率の悪さ

マウスで対象を選んでクリックする……という操作は、意外と難しいもので、カーソルがどの位置にいるかをきちんとモニター上、目で追ってないといけないし、デスク上にマウスを操作する空間が必要だったりするのも個人的な感想ではあるが、あまり使いやすいとは思えない。マウスを操作するために、キーボードを打っていた右手をマウスの上に移動させて……など、この腕の移動もあまり効率的には思えない。

ランチャーソフトが人気だったりするのは、「起動したいソフトのショートカットをデスクトップ上から探して間違えずにクリック!」とか「スタートアップメニューから使いたい機能のショートカットを辿って、クリック!」とか、そういうマウスを使った煩わしい操作から逃れたいが故なんじゃないか、とも思えてくる。

……と、ここまで書いておいて、いきなり矛盾するようだが、実は、私は、今まで、ランチャーを使うことなく、過ごしてきた。それも「どうせランチャーを使っても、マウスを使って、クリックしなくてはならない」ということには変わりない……という深層心理があったのかもしれない。なんという「マウス」への不満感!
(よく使うソフトが「PowerPoint」「Excel」「サクラエディタ」 の他は、Gmailくらいだったりするのも理由かもしれないけれども)

最強のソフト起動方法

最近、気がついたソフト起動方法を紹介したい。

①まず、Cドライブの直下に「Command」というフォルダを作成する。

②その上で、”C:\Command”を環境変数のPathに設定してしまう。
スタート→コンピューター→コンピューターを右クリック→プロパティ→システムの詳細設定
と辿るとよい。

③そして、”C:\Command”の中に、「PowerPoint」「Excel」「サクラエディタ」などのショートカットを作成する。ショートカット名は、短めがよい。(例:PowerPointは”pp”、Excelは”ex”、サクラエディタは”sa”とかでどうだろう)

これで設定は完了で、[Windowsキー]+[Rキー]で、 「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示させ、”ex”と入力し、実行すると、Excelが立ち上がるようになったはずだ。

なんと、これで、PowerPointを立ち上げる際にも、Excelを立ち上げる際にも、サクラエディタを使う際にも、マウスでクリック!という煩わしさから開放される。

個人的には、ここ半年で一番爽快感があるPCハックなのだが、どうだろうか。