将棋アプリ制作プロジェクト

icon

43Project」の中で、4つの基礎技術を土台に3つのプロジェクトを進行していく旨を宣言しているが、その中でも、2016年9月現在、もっとも面白く取り組めているのが、将棋アプリの制作だ。

進行状況

2016年9月22日

現在の進行状況としては、「ただの将棋盤アプリ」をリリースできる間近まで来ている。

2016-09-23-21-44-542016-09-23-21-44-30

ただ、リリース後に見ていただければ分かると思うが、これが全く理想とは遠い……あくまで、習作に近い出来栄えだ。(それでも、「タイトル画面」や「局面リセットボタン」は付けた)

JavaScriptを用いて、盤上の駒を操作するための基礎的なロジックについては、一通りの研究が終わり、一部、将棋のルール(王手放置の禁止などの細かな部分)の実装を残すのみとなっている。

2016年9月23日

アプリ公開。

2016年9月24日

ツイートによる宣伝開始。

今後の計画

そもそも、この件をスタートさせたのは、将棋にかかるお金は将棋に関する仕事で払おう……という理想を考えたためであり、これだけで食っていけるようになるとは思っていないが、ある程度の収益は欲しいと思っている。

いくつかのビジネスモデルは考えているわけだが、前述した「将棋盤アプリ」は、これを実現するための基礎技術の研究成果に過ぎない。

今、頭の中にあるのは、以下のような感じだ。

  1. 将棋盤アプリのブラッシュアップ
    • 残タスク(機能拡張系)
      • 王手放置などのルール実装
      • 「待った」機能の実装(2016/9/26に実装)
      • 駒落ち将棋への対応
    • 残タスク(プログラム改善系)
      • JQueryを使用したプログラムへの変更
      • ユーザーインターフェースを洗練させる
    • 主な方針
      • 広告などの収益化は考えない
      • 他のアプリへの導線としての役割
  2. 変則将棋に対応する将棋盤のリリース
    • 採用する変則将棋の検討
    • アプリ化
  3. 詰め将棋アプリの制作
    • 詰め将棋アプリのサンプル制作
    • コンテンツ仕入先の開拓
    • 仕入先との契約
    • 詰め将棋アプリの制作
    • 有償化
  4. 動く棋書アプリの制作
  5. 将棋コンテンツ発信の事業化

スケジュール感

スケジュール感としては、将棋盤アプリのブラッシュアップを10月末をターゲットにし、それと並行して、変則将棋の将棋盤アプリを進めたい。2016年11月以降は、詰め将棋アプリに取り組みたい……と考えている。

なかなか辛いスケジュールだが、JavaScriptを始めて、1ヶ月弱で、仮にもアプリのリリースができそうなところに辿りつけているので、約1ヶ月でアプリがリリース(2016年9月23日リリース)できたことから、本気で取り組めば達成できるのではないか……と思っている。

関連するエントリ

将棋UI実装への道」と題した一連の記事で、このプロジェクトにおける基礎技術研究に言及している。ここに公開できていないロジックもあるので、そのうち、全部を公開して、他人の目に晒してみたいと思っている。