2017年も3分の2を終えて……新年の抱負に対する進捗は?

この記事の所要時間は約 3 分 です。

2016年末に前の会社を退職し、2017年からは新しい環境で仕事を始め、そこで必死に仕事をしている間に、2017年も9月を迎えてしまった。つまり……今年も残り3分の1となったのである。

この記事は、新年に掲げていた抱負の達成状況を見直して、危機感を感じよう!というエントリーだ。

新年の抱負の達成率

ちなみに、新年の抱負については、以下のエントリーにまとめてある。

2016年の振り返りと新年の抱負
2016年も無事に終わったので、振り返りエントリを書いてみたい。ブログ運営の振り返りについては、別途まとめるとして、まずは、2016年の成果...
  1. ブログへのアウトプットを継続する
  2. 新しい職場に馴染む
  3. 朝活の取り組みを維持する
  4. 新しい将棋アプリをリリースする
  5. ジャズ関係のウェブメディアを作る
  6. Raspberry Piを利用した家庭内IOTを試す
  7. 貯金体質な家計にする

うーん。ぶっちゃけて、達成できてそうな抱負が皆無なのだが、これはどうしたものか。強いていうなれば、2と7については、取り組み中。1と3については、部分的には達成……というところか。ざっくりと計算してみたら、全体の達成率は30%くらいになった。

何が目標達成を阻害しているのか?

昨年時点では、今年の職場環境の変化について、そこまでイメージできていなかったことが大きい。職場の変化は、収入増という点では、「7.貯金体質な家計」にはプラスに寄与する部分もある一方で、他のテーマに対しては、時間不足という影響でマイナスファクターになっている。

「4.新しい将棋アプリのリリース」「5.ジャズ関係のウェブメディア」「6.Raspberry Pi利用の家庭内IOT」については、差し迫った何かがあるわけではないため、このまま取り組まないことになりそうだ。

今年末まで何を意識してすごすのか

自身の持つ知識を整理することで、コンサルティング業務をより効率的に進めていくことが第一の優先事項になると思う。これができていれば、その後の独立も視野に入れることができるようになるからだ。

価値観の合わない会社で働き続けること程、不幸なことはなく、不幸になるくらいならば、その仕事を断る自由が自分にはある!という思いが強い。とは言っても、生活のための仕事は必要なのが、つらいところで、そのためにも、当面の資金と独立に必要なスキルを獲得したいというのが、2016年末の転職の最大の理由であった。

自分の将来に向けて、何が必要なのか……ということにフォーカスして、今年の残り3分の1を過ごしたい!

スポンサーリンク

フォローする