『明日のためのビブリオ』の廃止について

この記事の所要時間は約 3 分 です。

『明日のためのビブリオ』という別ブログを開設していたのだが、この別ブログを閉鎖しようと思っている。

そもそも、別ブログを立ち上げようと思った経緯は、以下の通り。

アウトプットの量を増やすための特効薬は、制約を課すことだ
タイトルだけを読むと誤解させてしまうかもしれないが、制約を課すと言っても、「1日1記事書こう」とか、そういう類の話じゃない。 ...
書評ブログ「明日のためのビブリオ」を始めました
雑記ブログの中に、書評のコーナーを設けている今の現状だと、雑多なものの中にいろいろと埋もれて、悩ましい感じになるので、はてなブログに...
はてな出張版の書評ブログ「明日のためのビブリオ」の紹介
実験的に、書評記事を別ブログに移してみて、10日ほど経った。「本気でお薦めできる本だけを紹介する」と宣言した手前、いい加減な...

はてなブログの利点

この『43memo』が、仮想サーバー&独自ドメイン&WordPressという形で運営しているので、一度、はてなブログなど、サービスとして提供されているブログツールも触ってみたかった……というのは、動機としては少なからずあったと思う。

実際、触ってみて、はてなブログのユーザーインターフェースは取っ付きやすいものであったし、細かなところで感心させられる部分も多かった。ブログを書かせよう!というリマインドメールの存在など、ブログ運営者にとっては、書くモチベーションを維持するための良い仕組みなのではないだろうか。

一方で、WordPressの自由さに慣れ親しんでいたので、窮屈さを感じたのも事実。

後は、巷でよく言われているような「はてなブログ」ならではのアクセス稼ぎの上での利点は、あまり感じられなかった。(ここについては、恩恵を受ける前に辞めたというのが正確かもしれないが……)

複数ブログを運営するほどの熱量がなかった件

書評なら書評をテーマにした専門ブログ。将棋であれば、将棋をテーマにした専門ブログを運営していくのが、検索エンジンの表示順や読者の利便性の観点からも良いはずなのですが、ブログをひとつ立ち上げて育てていく……ということには、それなりのエネルギーが必要なわけで……。

ブログの数の分のエネルギーを割けるか!?ということを考えたときに、自分の生活や仕事にかけているエネルギーを鑑みて、今まで通り、ひとつの雑記ブログの中で、複数のカテゴライズされたテーマで記事を書いていくのがよさそうだ……という結論に至ったわけだ。

というわけで、『明日のためのビブリオ』の記事については、すべてリライトした上で、こちらのブログの方に統合して行こうかと思う。

1日1更新に拘るのはやめる

さて、雑多ブログの中に、複数テーマをごった煮にする代わり、今後は、ブログ記事の鮮度については、上げていこうかと思っている。

実は、今までは、見せかけの「毎日更新」のために、予約投稿機能を使っており、1日の更新記事数を1記事としていた。今日からは、これをやめて、書いた都度、投稿していくことにする。

結果、記事を投稿できていない日は増えるかもしれないが、タイムリーにアウトプットしていくことで、記事数は増やせるのではないか?と思っている。記事の鮮度……という点でも、よりタイムリーな記事配信ができるはずだ。

スポンサーリンク

フォローする