恐竜の尾が封じ込められた琥珀が発見されたというニュース

この記事の所要時間は約 2 分 です。

恐竜についての研究が進むにつれて、実は、恐竜は爬虫類の仲間などではなく、鳥類に進化したのではないか……という学説が有力になってきて、今では『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る 』という本が出版されるようになったほどだ。

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)

そして、今年の4月には、最新の再現図に基づいた恐竜展が北米で開催されると、羽毛が生えた恐竜の姿は、鳥類とほとんど変わらない、と話題になったものだ。

その後も、白亜紀末の鳥類の翼が琥珀の中にそのまま保存されていた……というニュースが流れるなど、『琥珀』の発掘からの大発見が続く。

そういえば、映画『ジュラシック・パーク』では、琥珀の中に閉じ込められた蚊が吸った血液から恐竜のDNAを再現するというストーリーだったような気がするが、「事実は小説映画よりも奇なり」というわけで、更に、凄い発見がされた。

なんと!恐竜の尾がそのまま保存された琥珀が発見されたというのだ。そこには、きっちりと羽毛の痕跡もあり、恐竜は鳥類に進化したこと、当時から羽毛を持っていたことの裏づけが補強されたようだ。

30代から40代か、それ以上の大人たちが、まだ、少年少女だった頃に思い描いていた恐竜の姿は、どうやら、実際の恐竜の様子とはだいぶ違ったものだったようだ。古生物学の世界の発見は、化石ではなく、琥珀からもたらされる時代になってきているのかもしれない。