43Project宣言 ~重要なことは何なのか~

この記事の所要時間は約 5 分 です。

43memoは、今まで雑多ブログとして活動してきたが、実際のところ、ブログに書けるくらい興味のある分野というのは、そんなに多種多様に渉るわけはなく、自己分析した結果、いくつかにまとめられるということに気がついた。

そんな中で、自分の活動として、何を重視していきたいか、ということも含めて、見直したので、「宣言」というと大げさだが、ここにメモしておく。

人生は有限なのだから、できるだけ、大事なことに時間を使いたい。

man-1050530_640

人生で何を重視するのか?

これは、GTDにおける高度マップの考え方を知った時に、自分を省みて、考え続けたことだ。結論、自分にとって、大事なのは、以下の3つだろうという結論になった。

1.退屈しない人生を送りたい

ひとつは、「退屈しない人生を送りたい」ということ。

惰性で生きていくのは真っ平だ、と歳を重ねた今になっても言い続けるのは、落ち着きどころがなく、もう少し落ち着け!と言われそうな気もするが、新しいものが気になるのは性分なので、仕方がない。

実際には、迷った結果、現状維持を選んでしまうこともままあれど、心の中には「退屈な生き方なんてごめんだ!」と刻み込んでおきたい。

2.知的好奇心を維持し続けたい

ふたつめは、「知的好奇心を維持し続けたい」ということだ。

子どもの頃に、図書館の本に夢中になって、図書館に通いつめたように、好奇心は持ち続けたい。なにかを知りたい!と願うのは、人の本能だろうと思う。

これを突き詰めると、気になることには首を突っ込んでみるということを繰り返し、何事も中途半端に終わる……という器用貧乏な結果に終わってしまうこともあるだろうが、気になることを知ろうとするのは、人生を退屈にさせないためにも大事なことだろう。

3.子どもの教育

みっつめは、「子どもの教育」だ。

人生という単位で物事を考えたときに、これを避けることはできない。

では、何を教え育てたいのか?

子どもにも「知的好奇心」は持っていて欲しいし、自身で好奇心を満たしていくには、「基礎学力」は必須だ。

更には、親に頼らずに、自力で好きなことを突き詰めていけるように成長して欲しいと願う。もっとも大事なのは、何かに頼り過ぎない「自主独立の精神」なのではないか、とも思う。

一方で、子どもが自主性を発揮しようとしても、何かと教え諭したくなるのは、どうにも止められないので、ここに大いなる矛盾があるわけだが。

「個」「家」「外」のバランスを取る

この3つを現時点での自分にとっての最重要なテーマと置いたときに、自分の時間のすごし方は、はたして、このテーマに即したものだろうか、と迷う。

人は生きている以上、自分のことだけをしているわけにはいかず、(独身であるか家庭があるかにもよるが)多かれ少なかれ、家族のための時間を持つものであるし、会社勤めをしているか独立して仕事をしているかに関わらず、外との関わりは避けられないだろう。

「個」「家」「外」の三つのバランスが大事だと思う。

3factor

家族経営の商売などは、「家」と「外」が近づいた例だと思うし、個人事業主は、「個」と「外」の境目があいまいになり勝ちだとは思うが、基本は、上記のみっつのバランスだろう。

43Project宣言

バランスをとっていくために大事なのは、4つの基礎だ。

「情報をインプットすること」「環境を整えること」「タスクを管理すること」「情報を発信していくこと」だ。

これは、「個」として、自分の興味を追求していくためにも、「家」の中で、家族と良好な関係を築いていくためにも、「外」での仕事においても、大事な基礎だと思う。

また、自分が重視する3つのテーマのうち、「退屈しない人生」を満たすために、この4つの基礎を前提として、3つのプロジェクトを進めていきたい。

  1. 過去に運営していた「初期のジャズ」というウェブサイトの運営
  2. 今、興味を持って研究している、JavaScriptによる「将棋アプリ」の制作
  3. そして、ネットやモバイルを使ったBtoCに可能性を感じている「ECサイト」

43project

この3つのプロジェクトは、その時々の興味の度合いによって、入れ替わりはあるかもしれないが、とりあえず、「家」や「外」に大きな影響を与えることなく、「個」の部分を追求できるとしたら、3つくらいのテーマに絞るべきだろうと思った。

まとめ

というわけで、この4つの基礎技術と3つのプロジェクトについては、個別ページを設けて、そこで、自分の活動状況をまとめていきたいと思う。

43project_logo

過去のブログ記事も、この7つのどれかをテーマにしていることが多いことに、振り返ってみて、気がついた。

スポンサーリンク

フォローする