将棋盤UI実装への道 ~駒画像を考える~

この記事の所要時間は約 2 分 です。

ウェブサイトの運営歴だけは、16年以上になるが、実は、PhotoshopやIllustratorを使いこなせるようにはならなかった。以前、『初期のジャズ』をリニューアルした時には、昔、購入したPhotoshopを引っ張り出してきて、ウェブ上のチュートリアルを見ながら、画像加工したが、実際、その程度である。

というわけで、せっかくの将棋UI実装にあたって、駒画像をオリジナルのものに差し替えたいと思い、いろいろと悩んでいたのだが、画像加工ソフトを使わずとも、PowerPointとPaintで出来た!

koma_gazo

PowerPointは、IT屋をしていた頃も、現職でも、使用頻度が高いソフトなので、なんというか、慣れ親しんだソフトで作ると早いな……というのが、今回の教訓だ。

駒画像に貼り付ける文字のフォントの試行錯誤も楽しいが、思わず、手に取りたくなるような親近感を感じさせるようなフォントを探したい。

koma_gazo2

とりあえず、プログラムの方は、ひと休み!ということで、駒画像を考えてみた。

koma_gazo3