将棋盤プログラムのモバイル対応に向けた課題について

この記事の所要時間は約 2 分 です。

将棋盤プログラムを完成させるまでには、まだ、長い道のりがあるわけだけれども、最終的には、タブレットやスマートフォンでも扱えるようにアプリ化したい……と考えている。

ネイティブのJavaScriptで実装しているので、PhoneGapを使うか、クラウドの開発プラットフォームである”monaca“を利用すれば、iPhoneアプリもAndroidアプリもすぐにビルドできそうではある。

JavaScriptグラフィックス ―ゲーム・スマートフォン・ウェブで使う最新テクニック

PhoneGapについては、「JavaScriptグラフィックス ―ゲーム・スマートフォン・ウェブで使う最新テクニック」に解説がありそうなので、近いうちに入手してみるか……というところなのだが、その前に”monaca“で試しておきたい。

というわけで、monacaに組み込んで、手元のHTC端末で表示してみた結果が、以下のような感じになった。

Screenshot_2016-09-04-18-19-29

スマホ横向きで表示してみたにも関わらず、大きく画面をはみ出ている。まあ、このあたり、「レスポンシブ、なにそれ?おいしいの?」というコーディングをしてきたわけで、当然の結果なのだけれど、実用に耐えうるようにするためには、”レスポンシブ対応”という課題があることを改めて認識した。

収穫は、スマホの画面タップでも、通常のonclickイベントの実装部分がきっちり動いていることがわかったことだ。とりあえず、少しずつではあるが、前進している。