ツイート傾向分析(2016年4月~6月)後編

この記事の所要時間は約 3 分 です。

2016年4月から6月にかけてのTwitterへの呟きの中で、反響があったものをランキング形式で紹介する記事の後編です。前回はこちら

ツイート傾向分析(2016年4月~6月)前編
前回の記事(前編と後編)でも、自分のtwitterでの傾向を分析してみたが、その時々で興味を持っているジャンルやテーマについて、呟いているわ...

今回は、1位から3位までの紹介です。

laptop-602620_640

第3位 WorkFlowyを使ったGTDについて(59件)

再入門記事を書いたこともあるが、GTDの進め方を改めて復習し、実践に移そうと心がけるようになったことと、WorkFlowyを使用するようになったこと。自分にとって、この2点は、4月から6月にかけて起きた大きな変化だと思う。あとは、スケジューリングを徹底することで、このリズムが乱れた時の軌道修正が早くなるとよい。自省と自制だ。

2位 切り絵を重ねて違う絵が生まれる仕組み(70件)

ふと見かけた切り絵ネタに関する言及。この元ネタを改めて見てもらうと分かるが、動画を再生するだけで、あ!という驚きがある。ネコの絵とロボットの絵を重ねて現れるのが、日本人なら誰でもお馴染みのあのキャラクターであるところにも、着想の素晴らしさを感じる。

このツイートに関しては、キャッチーなネタなので、それだけ反応した人も多かった。

第1位 切り絵オンデマンドというサービス(95件)

第2位の呟きで紹介した元動画を作成した方を探すと、なんと「切り絵オンデマンド」というサービスを展開していることが分かった。写真を読み込ませると、自動で切り絵の下絵を作成してくれて、その場でその切り絵を注文できるという仕組みだ。

試しに、ジャズ史ではお馴染みの写真を読み込ませてみたら、ジャズバーとかに飾られていても不思議ではない雰囲気の切り絵が出来上がった。これはいい。

これが自動で制作できるのであれば、売り込み先を工夫すれば、ちょっと気軽なアート作品として、かなり売れるのではないか、と思った。

まとめ

Twitterを本格的に使い始め、3ヶ月程経過すると、ひとつのツイートに対する反応も増えてくる。このランキングの反応数も2016年1月~3月のランキングと比べると、反応件数が増えていることがわかる。

Twitterとブログの相乗効果で、情報発信力を高めるという方法は、実現可能だと感じた。

スポンサーリンク

フォローする