GTD再入門 : 整理ステップ

この記事の所要時間は約 4 分 です。

ワークフローの概観の記事に続き、各ステップを実施するにあたり、ポイントになりそうなことを纏めていく。今回は、「整理」のステップだ。

GTD再入門 : ワークフローの概観を知る
一般的に「GTD」というと、この5つのステップから成るワークフローのことを指していることが多いようだ。 すなわち、「収集」「処理(見極...

work-864960_640

「整理」ステップとは?

「処理(見極め)」した結果をアクセスしやすいようにカテゴリ毎に分類するのが、「整理」のステップである。

整理のカテゴリとしては、大きく4つに分類できるので、それをしっかりと理解することがGTDを正しく進める上での肝だと思う。

  1. 望むべき結果
  2. 行動
  3. 保留案件
  4. 資料など

では、それぞれの詳細を見て行きたい。

望むべき結果

「処理(見極め)」のステップで使った「望んでいる結果はなにか?」という質問の結果、明らかになった「望むべき結果」は、大きく「目的/価値観」「構想」「目標/ゴール」「注意を向けるべき分野」「プロジェクト」「他人に任せた事項」に分類される。(これは、それぞれ、高度マップの各階層とマッピングされるべきものなので、詳細は、別記事にしたい)

行動

行動を起こすべきものは、3つの分類に分けられる。

  1. カレンダー
  2. 行動リスト
  3. 連絡待ち

「カレンダー」の中には、”特定の日付にやる行動”、”特定の日時にやる行動”、”特定の日に思い出すべき事項”が含まれる。

「行動リスト」は、できる状況のときに速やかに実行するべきリストであり、コンテキスト別に管理されているとわかりやすい。コンテキストについては、以下のような例が考えられる。

  • 電話
  • パソコン
  • 会社
  • 自宅
  • どこでも
  • 買い物・雑用
  • 誰かと
  • 読む物

ただ、コンテキストは、個人個人で必要なものが違うはずなので、カスタマイズするべきものだと思う。

「連絡待ち」は、誰かのアクションの結果を受けて実施するべき項目で、これは別管理にしておけた方がよい。

保留案件

「いつかやる/たぶんやる」という項目を入れておくリストだ。定期的に週次レビューのタイミングで見直すか、特定の日時に再検討したいものであれば、リマインダーをセットしておくことになる。

このリストには、サブカテゴリを設けると管理しやすい。

サブカテゴリの例としては、以下のような感じ。

  • 読んでみたい本
  • 作ってみたい料理
  • 行ってみたい場所
  • 習ってみたいこと
  • 書いてみたいトピック

資料など

参考資料については、将来役に立つかもしれないと判断したものをファイリングしておく。

また、ある特定のプロジェクトのための参照情報だと判断されたものについては、それとわかるように管理し、そのプロジェクトの進捗に応じて、定期的に見直されなければならない。

資料やプロジェクト参照情報としてファイリングする際の注意点としては、行動のリマインダーになるようなものは含めてはならないという原則がある。(参照情報は、あくまで補助的な情報だからだ)

全体の目次

GTD再入門
「GTD再入門」という一連の記事の全体観を示しておく目的で、目次を公開する。 ※ただ、必ずしも公開順が目次順になるとは限らない。 G...

スポンサーリンク

フォローする